CALAX-002 Exclusive interview with Willem de Ridder 
ヴィレム・ドゥ・リダー独占インタビュー
 "As soon as you change your idea, you start to see something different. In fact, we have great power if you tell yourself. This is what happens. it will happen. If you are afraid, you get fear. If you put lots of difficulties in your life, you have difficulties all the time.  So, it's very important to realize we have the power."
"もしあなたが考えを変えれば、すぐに違った何かが見えてくるでしょう。事実、私たちは自分自身に語りかけるときに、大きな力を得ることができるのです。いま起こっていること、感じていることは、これから起きることなのです。何かに怯えていれば、あなたは恐怖を感じます。人生の困難をあなた自身が敷いていれば、いつも何かしらの困難を抱えることになるのです。私たちは力を持っている。そのことを理解することがとても重要なのです。"

CALAX-003
Simon Fisher Turner
Eyes and Ears
(Cassette + Booklet​​) 300 Limited Press and Each cassette has a different artwork by Simon Fisher Turner
The project began as a collaborative video project called "Eyes And Ears," combining music composed by English musician Simon Fisher Turner with a short film by members of Calax Records (CLX), which was then reassembled into a cassette tape with newly written music. The cassette tape is limited to 300 copies with a booklet and each cassette has a different artwork by Simon Fisher Turner.
イギリスの音楽家サイモン・フィッシャー・ターナーが作曲した音楽とCalax Records(CLX)のメンバーによるショートフィルムを組み合わせたプロジェクトでの楽曲と、新たに書き下ろした音楽とともにカセットテープへと再構成した「Eyes And Ears」のリリースとなります。このカセットテープは300本限定のブックレット付きで、カセットごとにサイモン・フィッシャー・ターナーによる異なるアートワークが施されております。
Release on January 30th (Overseas | Japan)
CALAX-004
The Dead Mauriacs
Paravents et miroirs, une cérémonie
(LP+ 8 pages booklet)​​​​​​​ 300 Limited Press
Release on February 10th (Overseas | Japan)
Order (Rush Hour): shorturl.at/vDGI9
The Dead Mauriacs is the project of French artist Olivier Prieur, and "Paravents et miroirs, une cérémonie" is a live The soundtrack will be issued as an LP.
The Dead Mauriacs describe their music as "Exotica Concrete". The Dead Mauriacs' music is composed of field recordings he made on a daily basis, as well as a diverse collection of sounds, including piano, Indian harmonium, violin, ukulele, didgeridoo, pieces of wood, glass, paper, and metal plates. The album is also a spectacular 40-minute sound collage, assembled by sampling Exotica music represented by musicians and arrangers such as Les Baxter and Arthur Lyman, who were active in the 1950s.
"Exotica is a musical genre or sub-genre that emerged in the 1950s in the United States with musicians and arrangers like Les Baxter or Arthur Lyman. It is an extraordinary music because it is false: bird calls imitate bird songs, you can hear the sound of the waves, it is a Western fantasy, particularly North American, of a world and an imagery that never existed. It is a music associated with mass tourism, mass entertainment, consumerism. Arthur Lyman recorded about 30 records in 10 years in Waikiki. With his band, they played and recorded under a geodesic aluminum dome. The dome belonged to the owner of the hotel he played for every night. They did this at night to avoid noise. It's music that is both profoundly naive and totally flawed. In this, it is seductive and intellectually interesting. It is music that could easily be criticized today, but it is an imaginary in itself, like the Italian film music of the 1960s and 1970s." (Excerpt from the calax's interview)
The Dead Mauriacs are not only involved in music, but also in a wide range of other creative endeavors, including video and painting. The Dead Mauriacs also did the artwork of this LP. The inside of the product is also accompanied by an 8-page interview with Mauriacs and compiled his amazing artworks.
           
The Dead Mauriacs はフランス人アーティスト、Olivier Prieur によるプロジェクトであり、本作品 ”Paravents et miroirs, une cérémonie” は 2017 年に行われたライブ音源を LP として発行した作品になります。
The Dead Mauriacs は自身の音楽を ”Exotica Concrete” と形容しています。本作品においても、彼が日常的に採取したフィールドレコーディング をはじめ、ピアノ、インドのハーモニウム、ヴァイオリン、ウクレレ、ディジュリドゥ、木片、ガラス、紙、金属板等の多様な音の集積物と、1950 年 代に旺盛だった Les Baxter や Arthur Lyman といったミュージシャンやアレンジャーに代表される Exotica 音楽のサンプリングによって組み合わさ れた、全編 40 分の壮大なサウンドコラージュとなっています。
”Exotica は、大衆観光事業や大衆エンターテイメント、大量消費主義にも繋がっています。Arthur Lyman はワイキキで 10 年間で約 30 枚ものレコー ドを制作しています。彼のバンドはアルミ製ジオデシック · ドームの下で演奏し、録音していました。そのドームは、彼らが毎晩演奏していたホテルの オーナーの所有物で、演奏は騒音問題を避けるために夜間に行われていました。この音楽は深く、素朴でありながら全く欠陥のない音楽です。それでいて、 魅惑的な調べを持ちながら知的興味をも掻き立てられます。昨今では簡単に批判される音楽となりましたが、60 年代、70 年代のイタリア映画のように、 それ自体が1つのイマジナリーなのです。”
(インタビューより抜粋)
音楽だけでなく、映像やペインティングといった、幅広く創作活動を行う The Dead Mauriacs 自身によるスケッチを LP のアートワークとして設えま した。製品内部にも全 8 ページにわたる彼へのインタビューとともに、その他のアートワークが添えられています。